本文へ移動

成田凌がこれまでの人生で後悔していることは?「あの時スライディングして…」

2022年5月19日 20時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラマの配信スタート記念イベントに登場した成田凌

ドラマの配信スタート記念イベントに登場した成田凌

 俳優の成田凌(28)が19日、東京都内で主演したHuluオリジナルドラマ「あなたに聴かせたい歌があるんだ」(5月20日から配信スタート)の配信記念イベントに出席した。舞台には女優の伊藤沙莉(28)、前田敦子(30)、田中麗奈(41)、俳優の藤原季節(29)、上杉柊平(30)ら豪華キャストほか萩原健太郎監督も同席し、にぎやかな壇上となった。
 ドラマは小説家・燃え殻氏による完全オリジナルストーリー全8話。17歳と27歳という年齢の人生の分岐点を迎えた者たちが抱く夢と葛藤、そして後悔を描く群像劇。
 映画にちなんで、これまでの人生で後悔していることを聞かれると、成田は「中学生のころサッカーの試合中でゴールを目の前にしたシーン。あの時スライディングして点を決めていれば、もっと戦える人間になっていたかもって何回も思い出します。今、人前で初めて話しました。でもしなかったから、今の自分があるのかも…」とちょっぴり苦い過去を振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ