本文へ移動

中山礼都、プロ初打点は勝ち越し適時打 二塁上で喜びのガッツポーズ【巨人】

2022年5月19日 20時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回裏1死二塁、中前適時打を放ち、守備が乱れる間に二塁へ進み塁上でガッツポーズする巨人・中山

7回裏1死二塁、中前適時打を放ち、守備が乱れる間に二塁へ進み塁上でガッツポーズする巨人・中山

◇19日 巨人―広島(東京ドーム)
 巨人・中山礼都内野手が、プロ初打点をマークした。1―1と同点の7回1死二塁、フルカウントから来た真ん中低めのチェンジアップに食らい付くと、打球は中前で弾んだ。二塁から勝ち越しの走者となる代走・増田大が生還。ネクストバッターズサークルにいた菅野をはじめ、一塁ベンチのナインがガッツポーズで祝福。センターが弾く間に二塁に到達した中山も、うれしそうにガッツポーズした。
 右膝を負傷して坂本が出場選手登録を抹消された1日に1軍に昇格。6日のヤクルト戦(東京ドーム)でプロ初安打をマーク。8日のヤクルト戦(同)からは9試合連続でスタメン出場している。18日の広島戦(同)でプロ初のマルチ安打をマークし、この日は2戦連続でマルチ安打ともなった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ