本文へ移動

1カ月半ぶりに1軍昇格の野間が即スタメンで巨人・菅野から先制タイムリー【広島】

2022年5月19日 18時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回表2死三塁、右越えに先制二塁打を放つ広島・野間

2回表2死三塁、右越えに先制二塁打を放つ広島・野間

◇19日 巨人―広島(東京ドーム)
 広島は1軍昇格即スタメンの野間峻祥外野手が先制二塁打を放った。2回2死三塁、カウント2―2から巨人・菅野の133キロの変化球を捉えた。真ん中高めに甘く来た球を逃さず、右翼フェンス直撃のタイムリー。野間は「打ったのはスライダーかな。何とか先制点を取ることができて良かったです」とコメントした。
 プロ8年目を迎えた野間は今年から野手陣のキャプテンに指名された。だが開幕から結果が出ず、4月6日に出場選手登録を抹消された。この日、1カ月半ぶりに出場選手登録され、即「7番・中堅」でスタメン。起用に第1打席で応えた。
 代わって中村奨成捕手が出場選手登録を抹消された。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ