本文へ移動

オニャンコポン、馬なりで鋭い伸び 小島師は「ここまでうまくきている」と手応え【日本ダービー】

2022年5月19日 17時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
菅原明良騎手を背に美浦W併せでダービー1週前追い切りをおこなったオニャンコポン(右)

菅原明良騎手を背に美浦W併せでダービー1週前追い切りをおこなったオニャンコポン(右)

◇第89回日本ダービー(29日・G1・東京・芝2400メートル)
 皐月賞6着のオニャンコポンは菅原明を背に美浦Wで3頭併せ。先行したメレカリキマカ(4歳1勝クラス)、ミユキアイラブユー(3歳オープン)の3番手で最内を1秒1追走すると鋭く伸びて0秒2先着した。
 馬なりで6F80秒5―38秒2―11秒6をマーク。小島師は「ジョッキーがためてためてパンと走らせたいと言っていて、それを考えれば理想通り。2400メートルは引っ掛かるかどうかが大きいけど、うちの馬は掛からないからね。ダービー当日までにもう少し状態を上げられると思う。ここまでうまくきている」と手応えを感じていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ