本文へ移動

マドン監督は6回2失点の大谷翔平を評価「最初は試行錯誤していたようだが、どんどん良くなった。打った相手を称えないと」【MLB】

2022年5月19日 16時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

◇18日(日本時間19日)MLB レンジャーズ6-5エンゼルス
 エンゼルスのジョー・マドン監督は、レンジャーズ戦で6回2失点にまとめた大谷の投球について「ボール自体は良かった。最初は試行錯誤していたようだが、どんどん良くなった。打った相手を称えないといけない。いい打者が並んでいるからね」と語った。
 また、自身は9回に監督生活19年目で59度目の退場処分を受けた。2死満塁となった場面で、マウンドに向かってしばらく投手のスアレスらと会話。その間に、球審がマウンドに寄ってきて口論となり、退場が宣告された。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ