本文へ移動

経済面、病気など苦難乗り越え夢の洋菓子店オープン 各務原・西原さん

2022年5月19日 05時05分 (5月19日 11時04分更新)
自宅に洋菓子店を開いた西原さん(左)と息子の福斗君=各務原市那加不動丘で

自宅に洋菓子店を開いた西原さん(左)と息子の福斗君=各務原市那加不動丘で

  • 自宅に洋菓子店を開いた西原さん(左)と息子の福斗君=各務原市那加不動丘で
  • 西原さんが作るオーダーメードのケーキ
 製菓学校に行けなくても、病気が見つかっても、あきらめなかった夢−。各務原市那加不動丘の西原真帆さん(34)が今春、自宅の敷地に洋菓子店「魔法のCandy Room」をオープンさせた。幼い頃から憧れだったパティシエ。だが、経済的に製菓学校には通えず、結婚、出産後は甲状腺の病気のバセドウ病と診断された。苦難に直面しても「人を幸せにするお菓子を作りたい」という思いは失わず、実現させた。(中根真依)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧