本文へ移動

【中日】スタメン捕手の重責…石橋康太「勝てる試合を落とす責任を強く感じた」

2022年5月18日 22時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回裏1死三塁、石橋がスクイズを決め、野選を誘う

6回裏1死三塁、石橋がスクイズを決め、野選を誘う

◇18日 中日6-7DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 正捕手不在の”非常事態”に5試合連続でスタメンマスクをかぶった中日の石橋康太捕手は同点スクイズ成功にも喜びを封印。7失点で競り負けた試合を振り返り、「スタメンの責任、試合に出る責任、そして勝てる試合を落としてしまう責任を強く感じました」と語った。
 6回1死三塁で、入江のスライダーをきっちりと一塁線へ転がしてスクイズ成功(記録は犠打野選)。役目を果たしたが石橋は「みんなでつないできた結果、自分のところにきただけ。それよりも同点に追い付いた後のイニングを抑えられなかったという反省の気持ちの方が強いです」と振り返った。高卒4年目の21歳は貴重な経験を積み、将来の糧とする。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ