本文へ移動

純烈、「北斗4兄弟」に変身!! 白川裕二郎がケンシロウ、酒井一圭がラオウ、小田井涼平がトキ、後上翔太がジャギ 「素晴らしい出来栄えに『ひでぶ!』」

2022年5月19日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
純烈の新曲「君を奪い去りたい」のジャケット。メンバーが北斗4兄弟に扮している。

純烈の新曲「君を奪い去りたい」のジャケット。メンバーが北斗4兄弟に扮している。

 4人組歌謡コーラスグループ「純烈」の新曲「君を奪い去りたい」(6月8日発売)のジャケットが公開され、4人が人気漫画「北斗の拳」の北斗4兄弟に扮(ふん)したイラストとなっている。原作者で漫画家の原哲夫さん(60)が描き下ろし、リーダーの酒井一圭(46)は、漫画に出てくるセリフを用いて「素晴らしい出来栄えに『ひでぶ!』」と喜んだ。
 メンバーが「北斗の拳」のキャラクターに〝変身〟した。ジャケットは、手前から白川裕二郎(45)が主人公のケンシロウ、酒井が長兄のラオウ、小田井涼平(51)が次兄のトキ、後上翔太(35)が三男のジャギに似せて描かれた。酒井と親交の深いお笑い芸人・チャンス大城(47)が仲介人を務め、実現した。
 小田井が年内でのグループ脱退を発表しているが、オファーを快諾した原さんは「メンバーを北斗神拳伝承者に昇華させてみました。これでこのメンバーがそろうのも最後なので、現・純烈これにて昇天!」とコメントした。主人公を射止めた白川は公式サイトのプロフィル欄で「好きな漫画家・原哲夫」としており、感激を口にした。
 「小さなころは身体が小さくてヒョロヒョロの自分が『北斗の拳』に出会い、ケンシロウのように強く、筋骨隆々な体になりたいと思った。今は亡きおやじと一緒に歌った『ユリア…永遠に』をカセットテープに吹き込み、一緒になって見てくれた。小学校の卒業文集で将来は北斗の拳になりたいと書いたあのころから30年以上がたち、本当に夢がかなうとは…」
 ジャケットは5月23日から6月5日まで東京駅、名古屋駅、新大阪駅の電子看板などに登場する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ