本文へ移動

彦根城内堀でハクチョウひな3羽すくすく

2022年5月19日 05時05分 (5月19日 05時05分更新)
親鳥と彦根城の内堀で泳ぐ3羽のハクチョウのひな=彦根市金亀町で

親鳥と彦根城の内堀で泳ぐ3羽のハクチョウのひな=彦根市金亀町で

 彦根城(彦根市)の内堀で、生まれたばかりのハクチョウのひな三羽が、親鳥と一緒に元気に泳いでいる。
 彦根城運営管理センターによると、内堀で暮らすつがいから五日、七羽のひなが誕生した。トビやカラスに襲われるなどして、十七日までに三羽まで減ったが、三羽は食欲旺盛で、体長二〇センチほどまですくすくと成長している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧