本文へ移動

【中日】なぜ本拠地でDeNAに…今季バンテリン5戦全敗で借金1

2022年5月18日 21時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表2死満塁、代打関根に押し出し四球を与え厳しい表情の祖父江

7回表2死満塁、代打関根に押し出し四球を与え厳しい表情の祖父江

◇18日 中日6-7DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 5点差を追いついた中日が終盤に力尽き、再び借金1となった。同点の7回に4番手の祖父江が適時内野安打と押し出し四球で2失点。今季本拠地でのDeNA戦は2001年以来21年ぶりの5連敗となった。
 先発の”バンテリン5回限定男”松葉が4回までに5失点と崩れる想定外の立ち上がり。しかし、打線は4回にビシエド、根尾の適時打で2点を返し、6回にも打者7人の猛攻で追いつく粘りを見せたものの、祖父江が決勝点を献上した。
 『7番・右翼』でスタメン出場した根尾は4回の守備から今季初めて遊撃の守備につき、打撃では4回に適時二塁打を放った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ