本文へ移動

【ルヴァン杯】名古屋2発快勝!先制弾のMF吉田温紀はプロ初ゴール 宣言通り“勝ち点3”で1次L突破

2022年5月18日 20時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、先制ゴールを決め、イレブンから祝福される名古屋・吉田温(中)

前半、先制ゴールを決め、イレブンから祝福される名古屋・吉田温(中)

  • 前半、先制ゴールを決め、イレブンから祝福される名古屋・吉田温(中)
  • 前半、チーム2点目のゴールを決め名古屋・稲垣(左)と喜ぶ阿部
◇18日 ルヴァン杯1次リーグ 徳島0-2名古屋(鳴門大塚ポカリスウエットスタジアム)
 名古屋は前半に2点をリードする盤石の試合運びで快勝してB組2位となり、1次リーグ突破を決めた。
 前半10分、MF阿部浩之の右CKに、今季U―18から昇格したMF吉田温紀が飛び込んでヘッドで先制点。プロ初ゴールをマークした。
 14日のリーグ戦から大きくメンバーを入れ替えたこともあり、徳島に支配される時間帯が続いたが、粘り強く耐え、前半終了間際には貴重な追加点。MF稲垣祥の右からのクロスをFW柿谷曜一朗が跳び越え、左に控えた阿部が右隅に打ち込む芸術的な連係でゴールを奪った。
 後半は危なげのない試合運び。引き分けでも自力でのプレーオフ進出が決まる条件だったが、長谷川健太監督の「勝利にこだわって戦っていきたい」という宣言通りに、勝ち点3を奪取した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ