本文へ移動

【ロッテ】小島またも勝利投手ならず 7回を投げ4安打無失点も0―0で降板「正直一番悔しい」

2022年5月18日 20時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天戦に先発したロッテ・小島

楽天戦に先発したロッテ・小島

◇18日 ロッテ-楽天(ZOZOマリン)
 ロッテの先発左腕、小島和哉投手は7回を投げて4安打無失点の好投を演じながらも0―0のままマウンドを降り、またしても今季初勝利をつかむことができなかった。
 「同点の場面でマウンドを降りるのが正直一番悔しいです。ただその中で何とか…。なんとか粘れたかなと思います」
 昨季はチームトップの10勝をマーク。今季もこの日が7試合目の先発だったが、白星が遠い。両リーグを通じて先発で7試合以上を投げたのは27人で、うち未勝利は小島だけ。
 絶体絶命のピンチだったのは3回だった。先頭の辰己に右中間を深々と破られる三塁打を打たれて無死三塁とされたが、相手の先制を阻んだ。1死一、三塁の場面では西川に右飛を打たれたが、強肩のマーティンを恐れてか、タッチアップから本塁を狙った三塁走者の辰己が途中で足を止め、生還を許さなかった。
 前回登板は139球。今回も111球で5試合連続で100球を超えたが、またしても孤立無援だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ