本文へ移動

「ここまで頑張れるとは…うれしい」宇良が巨漢碧山を寄り切り2場所ぶりの勝ち越し【大相撲夏場所】

2022年5月18日 19時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇良(右)が寄り切りで碧山を破る

宇良(右)が寄り切りで碧山を破る

◇18日 大相撲夏場所11日目(両国国技館)
 190センチ、182キロの巨漢をものともしなかった。宇良は立ち合いから2本差し、右を深くねじ込んでまわしを引くと、下から伸び上がるようにして前に出た。グイグイ歩を進め、碧山を力強く寄り切った。
 5連勝で2場所ぶりの勝ち越し。「自分でもここまで頑張れると思わなかったので、うれしいです」と素直に喜んだ。業師として周知されているが、今場所は決まり手が寄り切りが2番、押し出しが4番と、力強い相撲が目立っている。
 自己最高位の西前頭筆頭で迎えた先場所は、中盤で7連敗するなど4勝11敗と大きく負け越した。「上位戦が続いてはね返されたので、もう一度チャレンジしたいなという気持ちで頑張ってきました」と、稽古に打ち込んだ。白星を重ね、12日目にはついに大関貴景勝に挑む。
 1差で隆の勝を追う立場。優勝争いに絡んできたが、「(優勝は)想像したことないです。そもそも考えたことがないので」と眼中にない。残り4日間も「元気な相撲を取りたいです」。目の前の一番に全精力を注ぐ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ