本文へ移動

【中日】ビシエド「反撃のきっかけになれば」左翼フェンス直撃の適時二塁打

2022年5月18日 19時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏無死、ビシエドが左前打を放つ

2回裏無死、ビシエドが左前打を放つ

◇18日 中日-DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 中日のダヤン・ビシエド内野手が、5点ビハインドの4回に適時打を放った。先頭の高橋周が左前打で出塁すると、続くビシエドがDeNA・ロメロの2球目の149キロ変化球をとらえた。打球は左翼フェンス直撃の適時二塁打。「しっかりボールをとらえることができた。点差は離れているけど、反撃のきっかけになれば」とコメントした。
 チームは先発松葉が4回までに5失点。復調しつつある主砲が反撃の一打を放った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ