本文へ移動

騎乗停止中の西谷凜の最終処分は次回裁定委員会で決定【競馬】

2022年5月18日 17時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA

JRA

 JRAは18日、東京都港区のJRA本部で西谷凜騎手(19)=栗東・谷=の負担重量および騎手装具(保護ベスト)に関する注意義務違反の第1回裁定委員会を行った。今後は行政手続法に基づき、同騎手に弁明の機会を与えた上で第2回裁定委員会で最終処分が出る。
 同騎手は4月23日の福島競馬1Rでダンツカプリ(9着)に騎乗した際、200グラムオーバーの53・2キロで騎乗。その後に保護ベストのクッションを抜いていたことが発覚した。現在は騎乗停止中。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ