本文へ移動

新庄ビッグボス、“顔面死球”野村佑希をあえてスタメン起用の荒療治「1打席でも立っといた方が恐怖心は…」【日本ハム】

2022年5月18日 17時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・野村

日本ハム・野村

 日本ハムの新庄剛志監督は18日、前日17日のオリックス戦(ほっともっと神戸)で左顔面に死球を受けた野村佑希内野手が神戸市内の病院で鼻骨骨折の診断を受けたことを明かすとともに、この日のオリックス戦で野村をスタメン起用すると話した。
 野村は17日のオリックス戦の4回1死二塁の場面で、山岡の投じた内角への速球が左顔面を直撃。野村は倒れ込んでしばらく動けなかったが、鼻血を出しながらも自分の足でベンチ裏に下がり病院に直行した。
 「きょうはスタメン」と明言した新庄監督は「鼻も痛いけど、心の方がちょっとね。バッターはめちゃくちゃでかいボールが来るようなイメージがあるから、踏み込めなくなってくる。時間があくより、1打席でも立っといた方が恐怖心は…」と語り、まさに荒療治で恐怖心を克服させる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ