本文へ移動

鈴木誠也、筒香嘉智の放ったフライ本塁に弾丸ストライク送球 メジャー初補殺 「撃ち殺したぞ!」実況も大興奮 

2022年5月18日 14時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木誠也(AP)

鈴木誠也(AP)

◇17日(日本時間18日)MLB カブス7―0パイレーツ(シカゴ)
 カブスの鈴木誠也外野手(27)は「4番・右翼」でフル出場。4回の守りで筒香嘉智一塁手(28)が放った犠飛かと思われたフライを本塁へのストライク送球し、三塁走者を刺してメジャー初補殺を記録した。打撃では2点二塁打を放つなど4打数1安打、3三振で6試合連続安打をマークした。
 4回1死三塁。筒香が右翼放ったフライを、鈴木はライン寄りに走りながら半身でキャッチ。飛距離264フィート(80・5メートル)で、三塁走者はタッチアップから悠々の生還かと思われたが、ストライク送球で本塁タッチアウトとなった。
 試合中継局マーキーSNのシアンビ実況は「鈴木が撃ち殺したぞ!」と大興奮。デシェイーズ解説者は「My goodness(何てこった)、すごい送球だった」と感嘆し、グランビル解説者は「美しいプレーだった。鈴木は少しバランスを崩して捕球したが、送球の正確さはピンポイントだった」と称賛した。
 本塁上のプレーで、コントレラス捕手は滑り込んで憤死した三塁走者の背中をたたいて「大丈夫か?」といたわったが、当のボーゲルバックは横にあったマスクを手で振り払い、怒りをあらわに。両者が顔を突き合わせての言い争い言いになると、両軍のベンチとブルペンが空になった。
 それ以上には発展しなかったが、シアンビ実況は「ボーゲルバックが文句を言ってます。なぜイラついているのか、理解できません。コントレラスは心配して声を掛けただけなのに」と不思議がった。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ