本文へ移動

モデルナワクチン20万8900回分廃棄へ 広島県

2022年5月18日 16時00分 (5月18日 16時00分更新)
 広島県は十八日、県内で五月下旬に使用期限を迎える米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン二十万八千九百回分が廃棄される見通しだと明らかにした。うち六千八百二十回分は、四月末で既に期限が切れた。県薬務課の担当者は「接種希望者が想定よりも少なかった」と述べた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧