本文へ移動

【中日】大島が2軍で貫禄マルチ「やっとここまで戻ってこれたという感じ」20日広島戦で1軍復帰濃厚

2022年5月18日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回裏2死一塁、左前打を放つ大島

5回裏2死一塁、左前打を放つ大島

 右膝付近の死球で出場選手登録を抹消されていた中日の大島洋平外野手(36)が17日、ウエスタン・リーグ阪神戦(ナゴヤ)で「1番・中堅」で実戦復帰。いきなりのマルチ安打を披露して貫禄を見せつけた。18日にも同戦に出場予定で、20日の広島3連戦(マツダ)での1軍復帰が濃厚となった。
 離脱から20日。大島がブランクなどみじんも感じさせない巧みなバットさばきを見せた。
 「甘い球来たら行こうと思っていて、そんなに変な感覚もなく普通に入れました」
 初回の第1打席。1ボールから阪神先発・桐敷の142キロ外角直球を鮮やかにはじき返した。お手本のような流し打ちで、痛烈なライナーが三遊間を破った。2打席目は変化球にタイミングを崩され投ゴロに倒れるも、5回2死一塁からの第3打席では、追い込まれながらも変化球を左翼前に落とす安打。代走を送られお役御免となった。
 ただ貫禄のマルチ安打もまだ見切り発進の感は否めない。「80%くらい。やっとここまで戻ってこれたという感じです」。第1打席の左前打の後には1死一、二塁から福田の中飛でスタート。三塁を陥れ、走塁面の不安も払拭(ふっしょく)したかに思えたが「普通にできるが、たぶんベストタイムではない。脚に力が伝わっていないので、自分が思っている以上に力が入っていないという感じです」と語った。...

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ