本文へ移動

【中日】立浪監督「歯が全く立たなかった」今永に4安打13三振完封負け DeNA戦本拠地4戦全敗

2022年5月17日 21時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日立浪監督

中日立浪監督

◇17日 中日0-4DeNA(バンテリンドームナゴヤ)
 中日は今季5度目のゼロ封負け。DeNA先発・今永の前にわずか4安打で13三振を喫し、立浪監督は「きょうは歯が全く立たなかった」とコメントした。
 7回には2三振の3番・阿部に代打・溝脇を選択。指揮官は「特に右(打者のタイミング)がまったく合わなかったですよね、明らかにベンチから見ていても差し込まれていた」と説明した。
 今季は5位のDeNAに大苦戦。これで1勝6敗となり、本拠地では4戦全敗。3度のゼロ封負けを喫している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ