本文へ移動

巨人・原監督「9回しか攻撃していないようなね」劇的サヨナラ勝ちも苦笑「まあ、いい勝利です」

2022年5月17日 21時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
観客に手を振りながら引き揚げる巨人・原監督

観客に手を振りながら引き揚げる巨人・原監督

◇17日 巨人3X-2広島(宇都宮)
 ゼロ封負けの寸前で劇的なサヨナラ勝ちを飾った巨人の原辰徳監督は「9回の攻撃ぐらいしか攻撃はしてないようなね」と苦笑い。2点ビハインドで迎えた9回に無死満塁として広島の遠藤を引きずり下ろし、2番手ターリーからポランコと中島の連続適時打で逆転。「うまくつないでくれて、しかし、アウトカウントを1つもやらずに取れたのはそれぞれがいい働きを果たしてくれたと思います。まあ、いい勝利です」とニンマリだ。
 4年ぶりの宇都宮開催。地方球場で土壇場のドラマを演じ、「そうそうできないところ、ジャイアンツファンもたくさんお見えになって、喜んでもらえたのが一番」と喜んだ。18日は東京ドームに戻って同カード。「また、リ・スタートですね」と早くも気持ちを切り替えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ