本文へ移動

厚労相の「ワクチン廃棄、実態調査も回収もしない」発言に自民党内からも強烈な皮肉

2022年5月17日 20時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)

 外相やワクチン担当相を歴任した自民党の河野太郎広報本部長(59)が17日、自身のツイッターを更新し、使用期限切れが近づいた新型コロナウイルスのワクチン廃棄が全国で相次いでいる問題で後藤茂之厚労相が「実態調査や回収をしない」などと発言したとの報道に「廃棄量、把握したほうがいいよ。そんなに難しいことではないし。調査を紙でやろうとするから負担が大きいという話になるんで、厚労省の悪い癖」と強烈な皮肉を放った。
 後藤厚労相はこの日の記者会見で実態調査について「接種現場や自治体などは事務作業などが難しい状況で、現場の負担の問題もあり、現時点では行うことは考えていない」と発言。未使用ワクチンの海外への提供についても否定的な考えを述べたという。
 河野本部長のツイートには「今日の太郎さんは鋭いご指摘炸裂ですね。心中お察しします。こういった場合にこそITをうまく取り入れていただきたいです」「3回目接種も進んでないし、やること、管理もなんか雑なイメージで残念」「廃棄する…、購入する際は私達の税金を使ったんだよね…」などの憤りの声が寄せられた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ