本文へ移動

【阪神】糸原が今季1号「最高の結果」130キロのチェンジアップを捉える先制ソロ

2022年5月17日 19時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・糸原

阪神・糸原

 ◇17日 ヤクルト-阪神(神宮)
 阪神が糸原健斗内野手(29)の今季1号となるソロ本塁打で先制した。両チーム無得点で迎えた5回1死、カウント1-1からヤクルト先発・サイスニードの130キロのチェンジアップを捉えた。
 打球は右翼フェンスを越えてスタンドへ。糸原は「なかなか得点が入らない中で、何が何でも出塁する気持ちで打席に立ちました。最高の結果になって良かったです」とコメントした。今季の糸原は、試合前まで打率2割1分5厘と低空飛行が続いていた。
 阪神は先発の西勇輝投手(31)が力投。中盤までゼロを並べていたが、打線が空回りしていた。4回は無死一、二塁と絶好機で4番の佐藤輝明内野手(23)が二ゴロ併殺打。無得点に終わっていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ