本文へ移動

【楽天】打球直撃のブセニッツ『右足甲骨折』と診断 石井監督「たぶん後半戦に入る前には復帰できる」

2022年5月17日 17時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・ブセニッツ

楽天・ブセニッツ

 楽天の石井一久監督(48)が17日、14日の西武戦(ベルーナドーム)で右足に打球が直撃して出場選手登録を抹消されたアラン・ブセニッツ投手(31)が右足甲骨折と診断されたことを明かした。
 この日のロッテ戦(ZOZOマリン)の試合前に取材対応した石井監督は「CTを撮って骨折が判明した。なかなかここ1カ月(での復帰)というところは厳しいかなと思います」と現状について説明。具体的な1軍再合流の時期については患部の状態を見ながらとしながらも、「現状の診察で言えば、たぶん後半戦に入る前には復帰できると思います」という見込みを示した。
 また、石井監督は8日のオリックス戦(京セラドーム大阪)で左肩を痛めて出場選手登録を抹消されている小深田大翔内野手(26)についても言及。この日のイースタン・リーグ、西武戦(森林どり泉)でのプレーを見たことを明かした上で、「最短(の10日間)で戻れる可能性は、今日のプレーを見ていてあると思います」とした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ