本文へ移動

福田こうへい、津軽弁で「じょっぱっていきます!」青森県大間町 漁師のラブコールで観光大使に

2022年5月17日 14時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大間町の野崎尚文町長(左)から委任状を手渡される福田こうへい

大間町の野崎尚文町長(左)から委任状を手渡される福田こうへい

 演歌歌手の福田こうへい(45)が青森県大間町の観光大使に任命され17日、東京・文京区で野崎尚文大間町長(66)らが出席して委嘱式が行われた。
 福田はマグロ漁で知られる大間町でのコンサートをきっかけに、漁師たちとの親交が始まり、今年1月には漁師を主人公にした「一番マグロの謳(うた)」を発売。歌を通じて町のPRにもひと役買ってきた。
 同町観光大使への起用は、地元漁師たちからの熱いラブコールで実現したという。委嘱式で野崎町長は「地元漁師さんたちの声が反映されて観光大使になるのはすごいことです。演歌好きの漁師さんも多く、観光PRも盛り上がっていきそうです」と話した。
 福田が観光大使を務めるのは故郷岩手県の盛岡市、雫石町に続き3カ所目。「漁師さんの命がけの漁の姿に感銘を受けます。観光大使としてマグロととも、たくさんのお客さんを大間町にひきつけていければ。じょっぱって(頑張って)いきます!」と津軽弁も交えて意気込みを語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ