本文へ移動

【ちむどんどん・ネタバレ注意】暢子が働こうとするレストランのオーナーの正体は? ネットで推理始動「引き取られるはずだった東京の…」

2022年5月17日 10時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
原田美枝子

原田美枝子

 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第27話が17日放送された。ヒロイン・暢子(黒島結菜)と出会ったある人物に注目が高まった。
 以下、ネタバレ含みます。
 沖縄から東京に勢いだけで飛びだしてきた暢子は、兄・賢秀(竜星涼)が雲隠れし、頼る先がない。沖縄2世で沖縄県人会会長の平良三郎(片岡鶴太郎)と偶然出会う。暢子の父のことも知っているようで、働き口としてレストランを紹介してくれる。翌朝、店のオーナー・大城房子(原田美枝子)と暢子は対面する。
 NHKの公式サイトによると、大城は「暢子の家族とは、深い因縁も秘めている」との記載がある。ネット上では大城オーナーの正体について既に推理合戦が開始しており、「大城房子が、暢子の叔母なんかな?」「オーナーが暢子を引き取ろうとした叔母で確定だろうな」「暢子が引き取られるはずだった東京の親戚なのでは」と、暢子の東京の叔母ではという推測が散見された。
 ドラマでは、父・比嘉賢三(大森南朋)が亡くなった際、東京の叔母から母・優子(仲間由紀恵)へ手紙が来た。生活が大変だろうから1人子どもを引き取るという趣旨で、暢子は東京に旅立つことを決意するも、すんでで寂しくなり、東京行きを止めた経緯が描かれていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ