本文へ移動

デカイ!!釣友びっくり ヒラメ73センチ出現 三重・四日市沖ボート

2022年5月17日 05時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチした73センチの大ヒラメを見せる鈴木さん

キャッチした73センチの大ヒラメを見せる鈴木さん

 マイボートでマゴチを狙おうと5日、釣友の鈴木勝昭さん(43)と四日市沖へ。マゴチは私に57センチが来たが、鈴木さんには何と70センチオーバーの大ヒラメがお目見えした。マゴチに50センチ前後のヒラメが交じってくることはよくあるが、このサイズは初めてだ。
 伊勢湾マリーナを午前7時に出船。当日は中潮で満潮7時24分(四日市港標準)。狙いは潮が動きだす8時半くらいからだ。ポイントは朝明川河口。水温上昇とともに浅場へやって来るマゴチをルアーで狙う。だが、1時間ほど探ってもアタリなし。9時、霞一文字堤南側沖へ移動した。
 シンカーは18グラムテキサスリグ、ワームは実績の高いハイドアップ、スタッガーワイドホグ3・3インチ(赤色系)。2投目、早くも私に「コン!」とアタリ。リフト&フォールで着底の瞬間に当たった。ロッドを大きく振り上げ、しっかりフッキング。ゴンゴンと首を振るファイトはマゴチだ。57センチのナイスサイズをゲットした。
 ドラマは9時半すぎに起こった。なかなかアタリが出ないなか、鈴木さんもワームをワイドホグ2・7インチ(緑系)に替えてリフト&フォールで誘っていると、やはり「コン!」と明確なアタリが伝わったようだ。ロッドが大きく曲がった。
 「小森さん、デカいですわ〜」と慎重にやりとりする鈴木さん。「何となくマゴチの引きとは違います。底にへばり着いているような感じで、ひょっとしたらエイかも」と言いながら浮かせてくる。やっと魚体が見えてきた。「ヒラメだ! これはデカイ!」と、2人で思わず叫んだ。
 いつものネットでは入りそうにないので、大きなサワラ用を出してネットへ。「やったね」と祝福しながら測ると、何と73センチの大ヒラメだった。その後は3度ほどアタリがあったがヒットせず、シーバス狙いに変更して45〜50センチを5匹ヒットさせ、11時半にロッドオフとした。今後マゴチは夏に向けてどんどん活性を高め、ルアーで良く釣れるようになる。ほかにタコやキスも釣れ始め、夏まではにぎやかな四日市周辺の海となる。
 なお、私の船を係留してある伊勢湾マリーナには、手軽に借りられる釣り用レンタルボートもある。船舶免許があれば、借りて海に出てみてはいかが。(問)伊勢湾マリーナ=(電)059(364)0100
 (クマノプロジェクト・小森章生)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ