本文へ移動

GACKT、年内に活動再開 神経疾患の悪化で昨年9月に活動休止 所属事務所「日常生活に支障がないくらいに回復」

2022年5月17日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
GACKT

GACKT

 体調不調で芸能活動を無期限休止している歌手のGACKT(48)が、年内に活動再開する。所属事務所の公式サイトで16日、発表した。GACKTは持病の神経疾患で悪化して一時重篤になり、昨年9月7日に無期限活動休止を発表していた。
 事務所の公式サイトがGACKTの近況を報告した。「本人は日常生活に支障がないくらいに回復しており、徐々に仕事への復帰をしてまいります」。昨年9月の無期限活動休止を発表以来、復帰の道筋が初めて記された。
 「これまでの海外での療養に加えて日本でも治療を開始していることもありGACKTは順調に回復し体力も戻ってきており、エージェント事務所としましては当該医療機関の主治医ならびにGACKT本人と協議を行った上で病状の回復状況に合わせて年内に芸能活動を徐々に再開させてまいります」
 GACKTは昨年8月に仕事先のキプロスから帰国後に体調の異変を訴えた。持病の神経系疾患が悪化し一時は意識も失い、体重は10キロも落ちたという。重度の発声障害も併発した。
 この日、治療を担当している医療機関も声明を発表。病状説明によると、昨年末から国内治療を開始し、発声障害については通常治療で回復した。一方、神経系疾患による免疫不全により、全身皮膚炎や脱毛症が進行中で、本人の細胞を使った幹細胞治療とリハビリを行っているという。現在は発熱、うずき、声帯機能の低下がみられるとしている。
 GACKTは女優二階堂ふみ(27)とのW主演映画「翔んで埼玉」(2019年)が大ヒット。続編の「翔んで埼玉Ⅱ(仮)」の撮影を控えていたが、クランクイン前に休養。映画の撮影も一時中止となった。東映の手塚治社長は2月の会見で撮影再開についてGACKTの復帰のめどが立ってからとしていた。関係者によると、撮影開始に向け事務所サイドと調整しているという。
 昨年9月の無期限活動休止時には公式サイトで「みんなを心配させてしまったこと、本当にごめんな。必ず帰ってくる。もっと強くなって。もっとすごいGACKTになって。」とファンに呼び掛けていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ