本文へ移動

東近江地域の4社寺が「天子絵巻」 聖徳太子の思い表現

2022年5月17日 05時05分 (5月17日 10時57分更新)

完成した天子絵巻。(右上から時計回りに)瓦屋禅寺、太郎坊宮、観音正寺、竜王観音禅寺

 聖徳太子の没後千四百年に合わせ、東近江地域にある太子ゆかりの四社寺が「天子絵巻(散華)」を作った。形はさまざまで、絵は草木染の染め液での創作を続ける画家の草笛由美子さん(73)=守山市石田町=が手掛けた。裏面には住職や宮司が「和を以て貴しと為す」など太子ゆかりの言葉を記した。二十二日から一枚三百円で配布する。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧