本文へ移動

渡辺満里奈の主張「体育座り、とっととやめたら」 児童生徒に『腰痛悪化の一因』と専門家調査

2022年5月16日 13時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺満里奈

渡辺満里奈

 タレントの渡辺満里奈(51)が16日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび」に生出演。成長期の体に悪影響があるとして、見直しが進む「体育座り(体操座り、三角座り)」について、「とっとと、やめたらいいと思います」と言い切った。
 学校生活における体育の授業、集会でおなじみの「体育座り」だが、2014年に行われた専門家による調査では「腰痛持ち」の小5~高3のうち、「体育座り時に痛みを感じる」と回答した生徒は52・3%。体育座りが「腰痛を悪化させる一因になっている」とする調査結果を伝えた。
 また番組ではそのルーツを1965年に文部省がまとめた「集団行動指導の手びき」の中で「腰をおろして休む姿勢」と紹介したことがきっかけであると紹介。その上で体育座りが「骨盤が後傾」「腰が曲がる」「胸椎が曲がる」ため、腰に強いストレスがあり、内臓を圧迫し、呼吸がしづらい点を指摘した。
 これを受け渡辺は「体に良くないんだったらすぐにやめたらいいと思います」と発言。「学校生活を円滑に送るためとか、『集団行動指導の手びき』とか『みんなを同じにしないと』っていうのを、もうやめたらいいんじゃないか」と話していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ