本文へ移動

西尾城の堀、古絵図より狭かった 西尾市教委の発掘調査で判明

2022年5月16日 05時05分 (5月16日 11時34分更新)
調査で見つかった堀跡=西尾市錦城町で

調査で見つかった堀跡=西尾市錦城町で

 西尾市教委が同市錦城町の西尾城跡で進めていた発掘調査で、北の丸と三の丸の間に幅一五・六メートルの堀跡が見つかった。十五日に現地説明会があり、市教委の浅岡優学芸員が「正確な堀幅が確認できた意義は大きい」と成果を強調した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧