本文へ移動

柴田晩葉ら大正時代の大津絵 市歴史博物館で企画展

2022年5月16日 05時05分 (5月16日 05時05分更新)
展示されている大正、昭和初期に描かれた大津絵=大津市御陵町の市歴史博物館で

展示されている大正、昭和初期に描かれた大津絵=大津市御陵町の市歴史博物館で

 大正時代の大津絵に焦点を当てたミニ企画展「大津絵  れきはく蔵出し展」が、大津市御陵町の市歴史博物館で開かれている。六月十九日まで、午前九時~午後五時。
 大津市出身の画家・山元春挙の門人、柴田晩葉(一八八五~一九四二年)の作品など二十三点を展示。現代の漫画のキャラクターのような筆致の鬼や藤娘、当時登場したばかりの複葉機に驚く雷公のイラストなどユニークな作品が並ぶ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧