本文へ移動

田んぼアート いい絵になぁれ 熊野で「蓮とメダカ」「虎」デザイン

2022年5月16日 05時05分 (5月16日 05時05分更新)
 熊野市飛鳥町小又で十五日、色の異なる稲で絵柄を表現する恒例の「田んぼアート」の田植えがあった。十七回目の今年は、千百平方メートルの田んぼに「蓮とメダカ」、八百平方メートルには、えとにちなんだ「虎」の絵柄が浮かび上がる予定。
 地域活性化を目的に地元の飛鳥地区地域まちづくり協議会が企画し、公募でデザインを選んでいる。この日は、地元住民ら約三十人が水田に入り、絵柄に合わせて、九種類の苗を手で植えていった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報