本文へ移動

とろサーモン・久保田かずのぶ、初個展で展示した100万円の絵画が売れる テーマは世界平和

2022年5月15日 19時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
100万円の絵画「解放の終戦」の購入者(右)と記念撮影する久保田かずのぶ

100万円の絵画「解放の終戦」の購入者(右)と記念撮影する久保田かずのぶ

 お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(42)が15日、東京・渋谷のモディで開催中の初個展「なぐりがき」に展示中の100万円の絵画が購入されたことを自身のツイッターで報告した。
 「奇跡が起きました。ネットニュースになるでしょう」との記述に続き「一点100万円の絵がご購入されました」と大喜び。タイトルは「解放の終戦」で、終戦後の太陽の下で無邪気に遊ぶ子どもの姿や空にかかる虹などを約1カ月かけて描いた自信作だった。
 購入者は理髪店経営の男性という。久保田は「作品から世界平和という願いが伝わり感銘を受けたので即決で一目ぼれです 色使い、絵の大きさ、そして絵から伝わるメッセージで即決でした。早く飾りたいです」という購入者の感想をツーショット写真を添えて報告した上で「ちなみに好きな芸人はアインシュタイン稲田くんらしいです」と“オチ”もつけた。
 同個展は、久保田が本名の「久保田和靖」名義で10~16日で開催。初日に絵の半分が売れる盛況ぶりだった。12日にはツイッターで「個展でのサイン会終了。ほぼ絵は売れてる。しかし(100万円の)あの絵だけは。前澤社長を待つ。ヒーローは最後に現れる。なあみんな!」と記していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ