本文へ移動

またアマにホープ…鈴木晃祐、難攻不落の大洗を63と攻略してVまで1打差【ダイヤモンド・カップ】

2022年5月15日 18時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
コース記録でローアマを獲得した鈴木

コース記録でローアマを獲得した鈴木

◇15日 男子ゴルフ ダイヤモンド・カップ最終日(茨城県大洗町、大洗GC)
 アマチュアにまたもホープが現れた。鈴木晃祐(21)=東北福祉大4年=が難攻不落と言われた大洗を1イーグル、6バーディー、1ボギーの63と攻略。優勝まで1打差に迫り、同学年の中島啓太(日体大4年)に9打差をつけた。
 昨年12月に初めてナショナルチーム入りし、この日初めて紅白のユニホームを着て「すごく重みがありました」と照れ笑いした。得意というパッティングがさえ渡り、11番から5メートルを立て続けに決めて3連続バーディー。15番パー5のイーグルは8メートルを沈めた。63というスコアに「自分でもびっくり」と繰り返し「気持ち良かった~。自分がこの場に立ってプレーする、こんな日が来るなんて」と初々しく振り返った。
 来年からプロとして活動する予定で、出場予選会(QT)も受ける。中島とは今後も闘い続けることになる。「啓太はゴルフ、取材対応、スピーチ…。全てで素晴らしい。全部自分の上を行っている。まだライバルにはなれていないかな」。次週は学生のリーグ戦でぶつかる。
   ◇   ◇
 ▼鈴木晃祐(すずき・こうすけ) 2000年7月30日生まれ、千葉県野田市出身の21歳。172センチ、63キロ。東北福祉大4年。8歳からゴルフを始め、西武台千葉高2年時に日本ジュニア制覇。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ