本文へ移動

CROWN POP、初冠番組収録で泣いちゃったメンバーも「みんなの成長が詰まっている」

2022年5月15日 15時08分 (5月15日 16時05分更新)
CROWN POP(左上から時計回りに)三田美吹・田中咲帆・藤田愛理・里菜・雪月心愛=『CROWN POPのクラウンポップ!ステップ!ジャンプ!』テレ朝チャンネル1にて5月25日放送

CROWN POP(左上から時計回りに)三田美吹・田中咲帆・藤田愛理・里菜・雪月心愛=『CROWN POPのクラウンポップ!ステップ!ジャンプ!』テレ朝チャンネル1にて5月25日放送

 ももいろクローバーZや私立恵比寿中学も所属するスターダストプロモーションに所属し、ダンスが得意なメンバーで結成された次世代ダンスアイドルユニット・CROWN POP。彼女たちにとって初となる冠番組『CROWN POPのクラウンポップ!ステップ!ジャンプ!』が、CS放送「テレ朝チャンネル1」で25日(後8:00~9:30)に放送される。
 この番組のルーツは、2014〜17年にテレビ朝日、BS朝日、そしてCSテレ朝チャンネルで放送され、アイドルがライブパフォーマンス形式の勝ち抜きバトルを繰り広げたアイドル番組『アイドルお宝くじ』。昨年12月に『帰ってきたアイドルお宝くじ』としてCSテレ朝チャンネルで復活し、さらに再復活した今年3月17日の生放送特番で冠特番をかけて8組がパフォーマンスを競い合い、見事「優勝」を勝ち取ったのがCROWN POPだった。
 5月上旬、CROWN POPのメンバー5人が集合したのは、かつて、ニューヨークで行われたラーメンコンテストで優勝するなど、世界からも高い評価を得ているとある「モノマネ芸人」が営むラーメン屋店。そこで店主から至極のラーメンの「試作の一杯」を作りたいと”ミッション”を受ける。
 「初の冠番組」のロケとあって、やる気と使命感に燃えるCROWN POPのメンバーたち。 自ら電話をして取材交渉も初体験。番組スペシャルサポーターの原口あきまさとともに、その一杯には欠かせないという“最高の具材”調達のために「2班」に分かれ都内を1日奔走する。
 “最高の具材”とは、(1)1羽が年間で150個しか生まないという超レアな「青緑色の卵」、(2)「至高のバランス」とラーメンマニアを唸らせる「究極のチャーシュー」、(3)ミシュランガイド東京でビブグルマンに選出された名店の「秘伝の手打ち麺」、(4) 手作りにこだわり、麹から製造している都内唯一の味噌蔵の「極上みそ」の4品。ミッション達成し、「至極のラーメン」試作の一杯は、無事“完成”するのか!?
 バラエティー番組初収録に、メンバーは悪戦苦闘!? 三田美吹は「今思えば、、、番組のオープニングでは、みんなとても緊張して顔が引きつっていたと思います(笑)。私個人としては、ハトやカラスが苦手だったので、養鶏場でのロケでたくさんの鶏を見たときは、いっぱいいっぱいになって、泣いてしまったのですが、かなり頑張りました!」と、告白。
 彼女たちの「初々しさ」とカラダを張った「ド根性」ぶりが見られそうな“初冠番組”。三田は「番組の見どころ1つを決めるとなると難しいくらい、1時間30分の間に、みんな自分を出して、笑顔がどんどん増えてきて、楽しんでいるというのがわかると思います(笑)。いろいろな初めての経験をさせていただいて、5人それぞれがいい汗をかいたと思うので、『みんなの成長が詰まった番組』になっている!と胸を張って言えると思います」と、自信をのぞかせていた。

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメ総合の新着

記事一覧