本文へ移動

新川優愛、始球式でノーバンならず「震えてきてしまって…(笑)」

2022年5月15日 14時31分 (5月16日 15時06分更新)
ベルーナドーム『西武-楽天』戦の始球式を務めた新川優愛(C)SEIBU Lions

ベルーナドーム『西武-楽天』戦の始球式を務めた新川優愛(C)SEIBU Lions

 俳優の新川優愛(28)が15日、埼玉県・ベルーナドーム『西武-楽天』戦の始球式を務め、左投げでワンバウンド投球を見せた。
 新川は始球式を終えて「すごく好きなライオンズの選手の皆さんの真横から登場したんですけど、なんだかすごくふわふわしてしまって、震えてきてしまって…(笑)でもバッターボックスに立っていただいている西川選手にとにかく当てないようにという思いもありました。 なんとか一生懸命投げたんですけど、走って戻るときにライオンズベンチの選手の方々が拍手してくださって、うれしかったですし、ほっとしました」とコメント。
 プロデュースユニフォーム・グッズについては「ユニフォームは、ブルーを基調としてライオンズらしさをだしました。『獅子女デー』ということで女性のファンの方にもかわいらしくきていただけるように、白やピンクを散りばめていきたいなという構想がありました」。
 一番のポイントは「ライナをイメージした肉球のデザインです。肉球は辻監督とその時試合に出られている選手の皆さんをイメージして11個の肉球を散りばめさせていただきました。あと女の子らしく、かわいらしい、しっぽのデザインもポイントです」と紹介した。
 グッズは「球場で女性の方がカメラで映されたときに、かわいらしく映ってほしいなというイメージとこれがなにかのきっかけになって女性のファンの方が増えてくれたらうれしいなという思いで色味やデザインを考えました」と明かしていた。

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメ総合の新着

記事一覧