本文へ移動

鉄棒で2度落下もVの橋本大輝「調整不足できつい試合だった…世界選手権に向けてベストを出せるよう頑張りたい」【体操NHK杯】

2022年5月15日 15時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK杯男子個人総合で優勝した橋本大輝

NHK杯男子個人総合で優勝した橋本大輝

 体操の世界選手権(10~11月、英リバプール)代表選考会を兼ねたNHK杯が15日、東京体育館であり、東京五輪金メダリストですでに世界選手権の代表に内定している橋本大輝(20)=順大=が、257・793点で、2大会連続の優勝を決めた。さらに2位の神本雄也(27)=コナミスポーツ=、3位の土井陵輔(20)=日体大=が世界選手権の代表に内定した。
 最終種目の鉄棒で2度の落下があった橋本は、「とてもふがいない試合で終わってしまい、悔しいの一言があるが、連覇達成してうれしい気持ちもある。調整不足できつい試合だったが、いろんな方の支えがあってやり抜くことができました」と振り返った。コンディションづくりに失敗。万全の状態ではなかったが6種目をやり遂げた。「今年のスタートは良くないが、世界選手権に向けてベストを出せるよう頑張りたい。きょう代表内定した僕ら3人が底上げして、ほかの代表選考会にも刺激をかけて最高のチームをつくっていきたい」と意気込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ