本文へ移動

AKB48チーム8、「キスシーンがたくさん」8周年記念舞台『KISS 8』幕開け

2022年5月15日 13時25分 (5月15日 14時05分更新)
結成8周年記念の単独舞台『KISS 8』に挑んでいるAKB48チーム8(左から)小栗有以、高橋彩音、坂口渚沙、小田えりな、濱咲友菜、倉野尾成美、横内謙介氏(脚本/演出)

結成8周年記念の単独舞台『KISS 8』に挑んでいるAKB48チーム8(左から)小栗有以、高橋彩音、坂口渚沙、小田えりな、濱咲友菜、倉野尾成美、横内謙介氏(脚本/演出)

 アイドルグループ・AKB48のチーム8結成8周年記念の単独舞台「AKB48 Team8『KISS 8』(キス バイ エイト)-8th Anniversary Special Performance-」(5月13日~22日、全13公演)が13日、東京・天王洲銀河劇場で幕を開けた。
 チーム8単独舞台第5弾となる『KISS 8』は、2018年7月に同所で上演された『KISS KISS KISS』の新作。メンバーがメインキャストとサブキャストを代わる代わる務め、公演回ごとに主人公が変わるほか、ゲストメンバーも出演する。
 「人々がマスクをして一定の距離を保たねばならない世界で出会ってしまった現代のロミオとジュリエット」「女性たちに捨てられたアンドロイドと、ダメな男ばかりを好きになってしまう女の子の運命的な出会い」「ストリートミュージシャンの女の子とそれを献身的にささえる女の子との恋」など、さまざまな「KISS」をテーマにしたオムニバスストーリーを展開。劇中ではチーム8のみならずAKB48グループの楽曲もパフォーマンスする。
 初日公演前には、メンバーの坂口渚沙、小田えりな、高橋彩音、濱咲友菜、小栗有以、倉野尾成美と、脚本/演出の横内謙介氏が囲み取材に応じた。
 小栗は「アドリブのような自由にやっていいよっていうところも多く、舞台ならではのよさだなと思います」と語り、「うまくできないかもしれないんですけど、私もどこかでアドリブに挑戦してみようかな」と意欲。倉野尾は「私は今回キスシーンがたくさんあります。“8”にちなんで、ライブパートも含めて全部で8回ぐらいキスしていきたいと思います」と笑顔を見せた。
 4年前の『KISS KISS KISS』も手がけた横内氏は「4年前の時は、『大きな声を出そうね』とか、『舞台からちゃんと退場するまで演技してね』とか、基礎からの演出だったんですが、4年の間にこんなに成長するのかと思いました」と舌を巻き、「2,3年後、確実にいろんな舞台で活躍できると思うし、さらに言うと本格的なミュージカルや、映像作品でしっかりと活躍できる女優さんたちが必ずここから生まれるという手応えをすごく感じています」と自信をにじませた。
 なお、21日の午後6時開演回は、Paraviでライブ配信・アーカイブ配信が行われることも決定した。
■チーム8メンバーコメント
▼坂口渚沙
 緊張でそわそわしています。コメディーが多いので、みんなで笑いながら稽古をしていたり、笑顔が多かった現場なので、今から始まっていくのが楽しみだなと思います。私は前回の『KISS KISS KISS』には出ていなかったんですが、すごく面白かったので、今回の舞台はそれを超えられる面白さを出せるように、みんなで頑張りたいと思います。
▼小田えりな
 オムニバス形式なので、みんなが主役になるお話がありますが、特に私の演じるお話は、歌を歌うシーンがいくつかあります。ストーリーの中の心情を、歌詞に気持ちを込めて歌いますので、ぜひそちらに注目していただきたいなと思います。チーム8の8周年の一歩目がこの舞台ということで、この舞台が最高傑作になるように、そして観てくれた方々に楽しんでもらえるように、みんなで力を合わせて頑張りたいなと思います。
▼高橋彩音(※高=はしごだか)
 チーム8でやらせていただいた舞台『マジムリ学園 蕾-RAI-』とはテイストが変わって、ハッピーなお話や笑えるお話がたくさんあるので、みんなで笑いながらできるのがすごく楽しみです。個人的にはお芝居と、その他にもひとつ気合を入れたものがあるので、それを皆さんに見てもらえるのが楽しみです。
▼濱咲友菜(※濱=旧字体)
 前回の『KISS KISS KISS』と同じ役をやらせていただきます。以前はもう無我夢中でやっていたので、今回はもうちょっとレベルアップした状態でお届けできると思うので、そこが見どころです。他にも、本当にいろんな役をやっていて、人間じゃない役をやっていたりもするので、みなさんに楽しみにしていただけたらうれしいです。
▼小栗有以
 決めるところは決めるんですけど、アドリブのような自由にやっていいよっていうところも多く、舞台ならではのよさだなと思います。毎回いろんな違う公演が見れるんじゃないかと思います。メンバーそれぞれの良さがすごく出ていると思うので、ぜひいろんな「物語」を楽しんでもらえたらなと思います。もしかしたらうまくできないかもしれないんですけど(笑)、私もどこかでアドリブに挑戦してみようかなと思います。ライブパートも毎回違うので、劇場に味に来てくださる方も、配信でも、毎回違うチーム8の舞台を楽しんでくれたらなと思います。
▼倉野尾成美
 それぞれの役柄が合っていて、さらに私たちの良さも引き出してくれるような役がたくさんあってすごくうれしいです。4年前に『KISS KISS KISS』に出ていたメンバーは特にですが、それぞれの成長した姿が見られると思いますし、同じ天王洲 銀河劇場というのも感慨深いです。入れ替えメンバーとして日替わりで出演しますが、『ロミオとジュリエット』のジュリエットを演じます。お話を皆さんにお届けできるようにしっかり務めたいです。配信の日はジュリエットを演じていますので、見ていただけたらうれしいです。私は今回キスシーンがたくさんあります。“8”にちなんで、ライブパートも含めて全部で8回ぐらいキスしていきたいと思います(笑)。

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメ総合の新着

記事一覧