本文へ移動

上島竜兵さん、熱湯風呂へのプロ魂 スタッフに怒った出来事 ぬるま湯でも「熱湯に見せるのが俺たち!」

2022年5月15日 12時32分 (5月15日 21時05分更新)
上島竜兵さん (C)ORICON NewS inc.

上島竜兵さん (C)ORICON NewS inc.

 TBS系の情報バラエティー番組『アッコにおまかせ!』が15日に放送され、11日に死去したダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(享年61)の追悼企画として、24年前の『おまかせ!』出演映像を流し追悼した。
 昔から親交が深い勝俣州和と松村邦洋が出演しており、上島さんの十八番芸“熱湯風呂”の裏話が展開。勝俣は「いつも熱湯風呂をやる時に、(事前)チェックに行くんですよ。お風呂の角があったら怪我をするから、『ここ、フォローしてくれ』だとか」と説明。
 その中で、印象的だったのが「ある時、スタッフの人がわけわからなくて、本当の熱湯を入れていたんですよ! 人が入れないほどの、沸騰するような。これは入れないし、ダチョウ倶楽部さんだけじゃなくて、ゲストの人も入るから『お湯を変えてくれ!』とスタッフに言ったら、『熱湯と言われたので、熱湯を用意したんですよ』」とスタッフと言い合いになったことを話した。
 このスタッフに対して上島さんが放った一言が印象的だったそうで「珍しく竜兵さんが怒って『馬鹿野郎! このお湯がぬるかろうが、熱湯に見せるのが俺たちのプロ(仕事)なんだ!』と。俺、それを見た時に、『この人、カッコイイな』と思いました!」としみじみ。
 松村も「熱湯風呂の時、『押すなよ!』と言うと押さないんですよ(押しちゃダメなんですよ)。『押すなよ! 押すなよ! 押すなよ! 絶対に押すなよ!』と、絶対を言ってから押す」と熱湯風呂にこだわる上島さんの様子を伝えた。
 上島さんが24年前に出演した『おまかせ!』出演映像では、和田にギャグを連発する様子が流れ、スタジオを笑わせていた。
■「日本いのちの電話」
ナビダイヤル:0570-783-556(午前10時~午後10時)
フリーダイヤル:0120-783-556(毎日・午後4時~午後9時/毎月10日・午前8時~翌日午前8時)

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメ総合の新着

記事一覧