本文へ移動

銃刀法違反容疑で暴力団組員の男逮捕 伊賀の発砲事件

2022年5月15日 12時25分 (5月15日 14時20分更新)
 三重県伊賀市の病院駐車場で10日、同県名張市の暴力団組員の男性(54)が銃で撃たれて重傷を負った事件に絡み、伊賀署は、銃刀法違反(加重所持)の疑いで、特定抗争指定暴力団六代目山口組系組員の無職清水勇介容疑者(26)=水戸市=を逮捕したと15日、発表した。銃撃への関与をほのめかしており、署は殺人未遂容疑でも調べる。
 逮捕容疑では、伊賀市四十九町の駐車場で10日、正当な理由なく、回転式拳銃1丁と実弾1発を所持したとされる。署は認否を明らかにしていない。
 署によると、清水容疑者が14日午後2時ごろ、千葉県内の警察署に1人で出頭。三重県警が事情聴取し、同日夜に逮捕した。
 事件は10日午前11時半ごろ、駐車場で停車中の乗用車内にいた男性が複数回撃たれ、右腕を骨折するなどの重傷を負った。男性は、神戸山口組から分裂した指定暴力団絆会の組員。翌11日に捜査員が伊賀市内の山林で拳銃のようなもの1丁を見つけた。

関連キーワード

おすすめ情報