本文へ移動

ミナモ好機ものにできず、太陽誘電に0−3、4連敗 JDリーグ

2022年5月15日 05時05分 (5月15日 12時36分更新)
先発登板したハイランド投手=群馬県高崎市の宇津木スタジアムで

先発登板したハイランド投手=群馬県高崎市の宇津木スタジアムで

 ソフトボール女子「JDリーグ」の大垣ミナモソフトボールクラブ(大垣市)は十四日、群馬県高崎市の宇津木スタジアムで第六節一日目を戦い、太陽誘電(高崎市)に0−3で敗れた。ミナモは4連敗。
 ミナモは一回、先発シエラ・ハイランド投手が2点本塁打を浴びて先制されると、三回にもソロ本塁打で追加点を許した。打線は相手を上回る7安打を放ったが、再三の好機をものにできず残塁9を記録し、完封負けを喫した。
 望月孝雄監督は「相手投手のコースを考えた投球に対応できなかった。次戦は必ず勝って、連敗を止めたい」と話した。
 ミナモは今季三勝七敗で東地区八チーム中六位。次戦は十五日、NECプラットフォームズ(静岡県掛川市)と同所で対戦する。 (芝野享平)
 ▽第6節14日
大垣ミナモ
0000000―0
201000x―3
太陽誘電
(大)ハイランド、中山、浅井−長井、田立
(太)寺田−上林
本塁打中溝、松木(太)

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧