本文へ移動

三重大院修了の河野さん 大紀・定置網漁研究、体験し決意

2022年5月15日 05時05分 (5月15日 11時17分更新)
「錦大敷」の定置網漁船の前に立つ河野さん=大紀町の錦漁港で

「錦大敷」の定置網漁船の前に立つ河野さん=大紀町の錦漁港で

 三重大大学院の修士課程を三月に修了した大紀町錦の河野侑太郎さん(25)が、地元の水産会社「錦大敷(おおしき)」で定置網漁師として張り切って働いている。研究のために訪れた錦地区で漁師の仕事に魅了され、修了後は「漁師一本でいく」と心に決めた。「地域に恩返ししていきたい」と、漁師の新たな働き方も提案していく考えだ。 (長尾祐樹)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧