本文へ移動

【鎌倉殿の13人】源行家が義経に近づいて頼朝への疑心を煽る… 第19回「果たせぬ凱旋」あらすじ

2022年5月15日 10時10分 (5月15日 14時05分更新)
『鎌倉殿の13人』第19回の場面カット(C)NHK

『鎌倉殿の13人』第19回の場面カット(C)NHK

 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第19回「果たせぬ凱旋」が、きょう15日に放送される。
 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。
■第19回のあらすじ
鎌倉入りを許されず京で悲嘆にくれる義経(菅田将暉)。義時(小栗旬)は大江広元(栗原英雄)に知恵を借り、源頼朝(大泉洋)と義経との関係修復を模索するが、後白河法皇(西田敏行)はそれを許さない。
愚痴をもらす頼朝に対し苦言を呈す八重(新垣結衣)。この状況を政子(小池栄子)が憂う中、京では義経をめぐって里(三浦透子)と静(石橋静河)が対立。さらに源行家(杉本哲太)が義経に近づいて頼朝への疑心をあおり…

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメ総合の新着

記事一覧