本文へ移動

米軍の区域、返還前に共同使用 沖縄、緑地公園を整備

2022年5月15日 11時09分 (5月15日 11時40分更新)
 米軍キャンプ瑞慶覧を視察し、説明を受ける岸田首相(左)=15日午前

 米軍キャンプ瑞慶覧を視察し、説明を受ける岸田首相(左)=15日午前

  •  米軍キャンプ瑞慶覧を視察し、説明を受ける岸田首相(左)=15日午前
  •  米軍キャンプ瑞慶覧の一部区域「ロウワー・プラザ住宅地区」のイメージ(防衛省提供)
 岸田文雄首相は15日、米軍キャンプ瑞慶覧の一部区域「ロウワー・プラザ住宅地区」(沖縄県沖縄市、北中城村)について、返還に先立ち米側と共同使用する方針を表明した。県民が利用できる緑地公園を整備する。同地区の視察に同行した地元首長に対し、米側と近々合意すると伝達した。夏の参院選や9月の県知事選を見据えて、目に見える形の基地負担軽減をアピールする狙いだ。
 日米両政府は同地区(約23ヘクタール)を巡り「2024年度またはその後」の返還で合意。計画では、同地区にある米軍向け住宅102戸をキャンプ内の別の場所に移設し、住宅解体後の更地に公園を整備する。

関連キーワード

おすすめ情報