本文へ移動

<経済GO!> 東郷・MICS化学大塚社長に聞く

2022年5月15日 05時05分 (5月15日 10時42分更新)
(上)製品のサンプル。食品、冷却剤の包装やエアバッグにも使われている (下)まち付きなど、シューロックの特徴を説明する大塚社長=いずれも東郷町諸輪で

(上)製品のサンプル。食品、冷却剤の包装やエアバッグにも使われている (下)まち付きなど、シューロックの特徴を説明する大塚社長=いずれも東郷町諸輪で

  • (上)製品のサンプル。食品、冷却剤の包装やエアバッグにも使われている (下)まち付きなど、シューロックの特徴を説明する大塚社長=いずれも東郷町諸輪で
  • 2階部分で材料を入れ、金型を通して成形した筒状のフィルムを巻き取っている工場内部
  • まち付きなど、シューロックの特徴を説明する大塚社長=東郷町諸和で
 においを閉じ込める袋を、東郷町諸輪のフィルムメーカー「MICS(ミックス)化学」が開発し、まもなく一般発売する。おむつやごみの処理など家庭や施設、災害時の避難所で起こる困り事を想定。大塚茂樹社長(63)はほかにも「脱炭素や食品ロスなどの問題も解決しなければ」と袋材の改良に打ち込む。 (長坂幸枝)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧