本文へ移動

<ミカワSDGs>(41)つくる責任、つかう責任 着物や帯で、ひな人形碧南

2022年5月15日 05時05分 (5月15日 10時40分更新)
今回(手前の2体)と29年前のひな人形を前に、笑顔の(右から)石神さん、美音ちゃん、佐々木さん、伊藤さん=名古屋市緑区大高町で

今回(手前の2体)と29年前のひな人形を前に、笑顔の(右から)石神さん、美音ちゃん、佐々木さん、伊藤さん=名古屋市緑区大高町で

  • 今回(手前の2体)と29年前のひな人形を前に、笑顔の(右から)石神さん、美音ちゃん、佐々木さん、伊藤さん=名古屋市緑区大高町で
  • 持ち込まれた生地の色や柄に応じて提案をしている足達さん=碧南市志貴崎町の碧南人形で
 思い出をおひなさまに−。碧南市志貴崎町のひな人形製造「天鳳堂」は同所の直営店「碧南人形」で、使わなくなった着物や帯を再活用して自分だけのひな人形を作るサービスをしている。既に三十年ほど続き、近年は世界に一つのひな人形として、用途も広がっている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧