本文へ移動

<山車に魅せられて> 半田市上半田地区 三番叟神の子の舞

2022年5月15日 05時05分 (5月15日 10時53分更新)
北組の男三番叟。力強く凜々しい動きが特徴。烏帽子には太陽とされる赤い円が描かれている=半田市の住吉神社で

北組の男三番叟。力強く凜々しい動きが特徴。烏帽子には太陽とされる赤い円が描かれている=半田市の住吉神社で

  • 北組の男三番叟。力強く凜々しい動きが特徴。烏帽子には太陽とされる赤い円が描かれている=半田市の住吉神社で
  • 南組の女三番叟。烏帽子には月を表したとされる、金の円が描かれている=半田市の住吉神社で
 祭りを支えるのは、大人だけではない。半田市の上半田地区の祭礼「ちんとろ祭り」では、年頃の子どもたちが「子供三番叟(さんばそう)」を舞い、神前に奉納する伝統がある。踊り手は“神の子”として丁重に扱われ、祭礼で最も重要な役を担うと言っても過言ではない。そんな子供三番叟について、地区の人々を訪ねた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧