本文へ移動

銃後の記憶後世に 県内2団体が歌集「戦禍の記憶」を発行

2022年5月15日 05時05分 (5月15日 10時54分更新)
戦争の悲惨さを伝えるため、歌集を発行した西谷さん(右)と津田さん=名古屋市西区比良2で

戦争の悲惨さを伝えるため、歌集を発行した西谷さん(右)と津田さん=名古屋市西区比良2で

 戦争の悲惨さを短歌で後世に残そうと、新日本歌人協会愛知支部とあいち歌の会が、歌集「戦禍の記憶」を発行した。戦時中に幼少期を過ごした会員らはロシアのウクライナ侵攻に心を痛めており、「人を殺し合うのが戦争。日本にも同じ時代があったことを忘れてはいけない」と話す。 (鈴木龍司)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧