本文へ移動

【MLB】エンゼルスはWヘッダー第1試合で9回2死からまさかの逆転サヨナラ負け 守護神イグレシアスが昨年7月以来のセーブ失敗

2022年5月15日 09時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
サヨナラ弾を浴びたイグレシアス(AP)

サヨナラ弾を浴びたイグレシアス(AP)

◇14日(日本時間15日) Wヘッダー第1試合 アスレチックス4×-エンゼルス3(オークランド)
 エンゼルスの守護神イグレシアスに悪夢が待っていた。2点リードの9回に登板。簡単に2死を取った後、二塁打と四球でピンチを招くと、新鋭のバレラにメジャー初本塁打となる逆転サヨナラ3ランを浴びた。今季は順調にセーブを積み上げてきたが、昨年の7月以来のセーブ機会失敗。試合後は気丈にインタビューに応じ「失投だが、相手のバッターが素晴らしかった」と振り返った。
 「(大谷)翔平のために」と「TEAM JAPAN」と刻まれたTシャツをオーダーしてチームに配布し、選手だけでなく、報道陣にも配る心優しき男。「辛い試合だが、またセーブを増やすために戦い続けるだけだ」と気持ちを切り替えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ